Linuxサーバへのマルウェア対策とその最適化

Linuxサーバへのマルウェア対策で一番の関心は必要リソースの増加です。無償のSVAを導入することで、必要リソースは1台あたり1/2から1/4へ、検査時に消費するCPUパワーはキャッシュ共有効果もあって大幅に削減されます。なお1台のSVAで最大200台程度をカバーします。

https://www.bitdefender.com/business/support/en/77209-87490-endpoint-protection.html



コメント