サービス提供に支障をきたしていたサイバー攻撃を駆逐し、運用者の負荷も削減

[事例]米国アイダホ州のある自治体では4つのセキュリティを導入していたものの、感染被害、データ流出が続いていました。GravityZone導入により毎日の攻撃がブロックされ、感染箇所となりうる脆弱性も自動でパッチ適用で塞がれ、住民サービスを途切れることなく提供できるインフラに整備できました

https://twitter.com/secureawake/status/1215170648386879488

コメント