サーバへマルウェア対策を導入したくない

 閉じられている、WAFで守られているからとサーバにマルウェア対策をしていないケースは実に多く、漏洩事件として目にすることが多いです。

一方で導入するとレスポンスが低下するから、リソースが足りないからという現実的な理由や心配もありますが、これについても解決策が用意されています。


重たい処理をローカルから引き離す仕組みに加え、他のマシンで既にスキャン済ならば、その結果を使うキャッシュ共有のしくみも備わっています。

仮想環境向け同時セッション計測ツールを使ったある負荷テストにおいて、未導入時(247)と比べて、わずかの低下(234)となっています。(他社160-203)



コメント