今後も続くであろうサイバー戦争において

ビットディフェンダーの研究者が今後も続くであろう果てしないサイバー戦争において、セキュリティチームに専門家ばかりではなく、自閉症者などを加えることでその独自スキルによって混沌のデジタルノイズの中から密かに進行する攻撃を発見する可能性があると寄稿しています。


この多様性による防御力向上をビットディフェンダーは以前より重視しており、2009年に世界で初めてAIによる自動脅威検出を実装。2017年のWannaCryによる脅威も、その3年前の2014年に未来の脅威予測で既に得られていた機械学習モデルが、パッチがないゼロディ脅威にも関わらず検出ブロックしたのでした



コメント