2020年のセキュリティ総括レポートが発表されました

 今年も総括レポートが発表されました

最大の特徴はAPT(持続的標的型攻撃)能力を有する傭兵ハッカーの登場です。これにより対象は政府機関だけでなく、民間のあらゆる規模の企業となり、先日のAutodesk脆弱性を利用したAPT攻撃調査では、対象に我が国も含まれています

https://businessinsights.bitdefender.com/bitdefender-2020-business-threat-landscape-report-reveals-new-challenges-for-2021


なお本レポートに関連した内部セミナーではゲストの調査会社から最新リアルな報告も

IT意思決定者3000人が答えた今一番の課題inセキュリティ
・リモート業務
・高度化する脅威への対策
・会社に重要性を理解させる
・予算が足りない
・他の日々の業務で多忙
・状況さえ見えていない
→機械学習&自動対処機能の製品に期待


コメント