2019年度のデータ身代金の平均は約3200万円

データ身代金の平均は約3200万円。犯罪者に支払った後でデータ復旧のためのキーが送られてきた割合は96%。2019年度の調査ではランサムウェアの被害は変わらず増加しており、原因の第一位も変わらずスタッフによるメールやホームページ経由でのフィッシング被害でした。

https://businessinsights.bitdefender.com/law-firm-phishing-still-top-cause-of-data-security-incidents

https://twitter.com/secureawake/status/1267673358730006529

コメント