次のアップデート(2Q予定)において、Fallback時の公開サーバの利用はhttps接続に

次のアップデート(2Q予定)において、セキュリティサーバは、全てのRelayエンドポイントが利用できず、かつその使用にチェックが付いている場合、公開アップデートサーバにhttpsで接続して最新の状態を保つようになりますので、利用する場合はこの2つのサーバと443をオープンにしてください。

https://twitter.com/secureawake/status/1253225833625350144

コメント