SVAでネットワークストレージのリアルタイムのマルウェア対策

この例としてNutanix® Files (AFS)と連携の様子を収めた動画です。まずGravityZone側でSVAを建て、ポリシーでICAPサーバ機能を有効にしています。そしてそのSVAをNutanix設定画面で登録して接続します。これはGravityZone側でも確認します。 後半ではツールを使ってストレージ内にマルウェアテストファイルを動的に生成して、検出、駆除されて、かつレポートに出力されました。

コメント