大量のエンドポイント保護、大規模・複数拠点展開時の最適化

多数のエンドポイントを保護する場合には、各拠点で常時動作するマシンを選んでRelayロールを付加すると、そのマシンがキャッシュサーバ、プロキシーとなるので、アップデートの帯域を削減、レスポンスも改善します。また仮想環境ではSVAを設置することでさらにスキャン処理もまかせることができます
https://twitter.com/secureawake/status/1239393776423931904

コメント